植田理彦博士
SGEレポート

植田理彦博士
メディカル・プロジェクトについて

われわれ人間のすべての生命維持活動は、神経経路を流れる電気信号によって支配されているのはご存知の通りです。
いわば、人間はひとつのエネルギー的存在ともいえます。
そのような観点からして、
SGEが天然放射性同位体40Kおよび高遠赤外線放射体であるという科学実験データは、人体に対してなんらかの影響をもたらすであろうことを示唆しており非常に興味深い。

今回、臨床において
SGEサンドバスが、関節リウマチなどに顕著に効果があったということは、そういった意味においても当然の結果といえるだろう。
温泉医学の分野においても、リウマチなどの慢性疾患に対する温熱療法の効果はすでに実証ずみである。
また、科学実験データから、活性酸素とかかわりの深いSOD酵素活性機能についての報告がなされていることも非常に興味深い。

われわれが生きていくための生体エネルギー(ATP)の合成のために酸素はかかせないし、また生体機能維持のために活性酸素が果たす役割もまた非常に重要といえます。
その一方で、この酸素の一部が有害な活性酸素となり、細胞炎症や脂質の過酸化脂質化をもたらすことで、老化や病気を引き起こすのもまた事実です。

われわれの体には本来、細胞のなかの活性酸素を抗酸化酵素によって瞬時に消却、無害化する機能がそなわっているのです。
大切なことは、活性酸素の短絡的な消去能ではなく、いかに選択的代謝消去できるかということ。

そういった意味においても、SODをはじめ体内酵素の働きが重要なわけで、今後、メディカルな観点から、
SGEのもつ微量元素、、また、エネルギーが生体機能に与える影響、さらに体内酵素活性化との関連などについて薬理学的試験を重ね、さらに検証を深めていく方向で検討している。
プロジェクトチームご紹介へ戻る
TOP