久保田昌治
(理学博士)
SGEレポート

久保田昌治博士
科学からのアプローチ:
SGEの謎を解く鍵(1)

「SGEストーン」「SGEウォーター」の謎を解く鍵、
それは3つのエネルギーと20数種の微量元素・ミネラル

40Kエネルギー】
40K放射性エネルギーと高遠赤外線エネルギー放射体

自然界のすべての物体は、生長エネルギーともいうべき微弱な放射線を放出しており、その9割はウラン系、トリウム系の放射線といわれる。

これに対して、SGEストーンは、
カリウム系の放射性同位体である「40K」が、生体に良いとされる放射性ホルムシスレベルのエネルギーを放射しており、その値は8.1×10q/gと、一般に知られている薬石と比較してかなり高い部類に属しているのが大きな特長である。
また、エネルギー鉱石の特長の一つとされる
SiO2(珪酸)含有量が70%というのも特筆に値する。

 さらに、もうひとつの大きな特長としては、
高遠赤外線放射体である点があげられる。4.0〜24μm波長域の遠赤外線放射率は平均で95%と極めて高い放射率を持っている。

一般に、体温36℃の人体の波長は9.4μmに相当するが、
SGEストーンは、育成波長といわれる4〜14μmの遠赤外線エネルギーを放出し、生体構成分子と共鳴・共振することにより、大きなエネルギーを発生させている可能性が考えられる。

 これらの特長に加え、さらにSGEストーンがその生成過程において大きな変成を受けたことによって、岩石中に放射線エネルギーや遠赤外線エネルギー以外の、ある種のエネルギーが蓄積されている可能性が考えられる。

 実際、実験的に、微弱な電磁波エネルギーを計測できるサトルエネルギー測定器によりSGEストーンを測定してみたところ、エネルギー反応を示した。
このことから、SGEストーンからは、
今日、世界的に注目を浴びつつある中・遠赤外線と関連するサトルエネルギー(説明3)が放出されていると考えられ、そう想定することによって、この鉱石は持つ優れた作用や効果がうまく説明できる。
いずれにしても、SGEストーンは、希少なエネルギー鉱石のひとつといえるであろう。

続き、麗
【微量元素】
「生命体維持にかかわる20数種類の微量元素」を読む


(説明3)
プロジェクトチームご紹介へ戻る
TOP