広瀬滋之
(医学博士)
SGEレポート

広瀬滋之博士
医学的アプローチ:
臨床現場からのレポート(1)

延べ約1000例臨床患者例のほとんどでQOLの向上

SGEストーンの医学的効用については、過去にも丹羽博士やセルジュ博士等によるラットを用いての実験をはじめ、いくつかの実験や考察がおこなわれてきています。
それらのデータおよび実体験をふまえ、2000年より臨床試験を行ってきましたので、その一端について私なりの感想を述べます。

結論としては、臨床試験を開始してからまだ1年余りで、臨床理論の構築には、あと少し時間を要するものの、今日まで、様々な疾患において、予想を上回る臨床症状の改善効果が確認されています。

臨床試験の概要について説明しますと、
臨床患者例は延べ約1000例で、疾患傾向を大別すると、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍(ガン)、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、その他の慢性疾患となります。

なお、基本的な治療内容としては、SGEストーンのセラミックボールを用いた
サンドバスでの入浴療法およびSGEウォーターの飲用、さらにはSGEストーンを直径1ミクロン程度に粉砕したSGEパウダーの服用となっております。

いずれの場合も、ほとんどの患者において、QOL(説明2)の向上が見られたことは特筆すべきことと思われます。

以下に代表的な臨床例の経過と所見を報告いたします。

続き、麗
【臨床例】悪性腫瘍(ガン)
を読む


(説明2)
プロジェクトチームご紹介へ戻る
TOP